神還連とは

神奈川県還暦軟式野球連盟規約施行規則(平成30年中に見直し予定)

見直し中につき、ご参考に留めておいて下さい。

(総則)

第1条

神奈川県還暦軟式野球連盟規約(以下規約という)に基づき施行規則を定める。 (目的の確認)

第2条

規約第2条に基づき本連盟が主催する各種大会は、その目的に従い健康を損なうような大会運営をしてはならない。

(会員)

第3条
  1. 会員は団体会員及び個人会員とするが、団体会員とはチーム(代表者以下登録メンバー)をいい、個人会員とはチームに所属しない役員等をいう。
  2. チームに属さない役員等とは、チームを離脱した執行役員及び特別顧問、顧問参与をいう。

(入会書類)

第4条
  1. 入会登録に必要な書類の様式は本連盟が定めた所定のものとする。
    1. 氏名、生年月日を記載したチーム名簿
    2. 生年月日を証明する書類(運転免許証、パスポート、健康保険証の写し)
    3. チーム代表者、理事、連絡責任者名簿
  2. これらの書類は本連盟の目的以外には利用しない。

(移籍)

第5条

登録会員は、原則として登録した年度内のチーム間移籍をすることができない。2年度終了後移籍する場合は、両チーム代表者連名による移籍承諾書を提出しなければならない。承諾書がない場合、新チームにおける1年間の出場を停止する。

(役員の責任と権限)

第6条

各役員の職務と権限は次の通りとする。

  1. 会長、副会長、理事長、副理事長、常任理事、事務局長、会計、監事は原則として理事総会における表決権は持たない。補充理事を選出した常任理事もまた同じ。
  2. 会長及び副会長は理事総会で選出するが、登録チームの構成員、及び執行役員会の推挙する個人会員等が有資格者となる。
  3. 理事が正副会長に選出された場合、所属のチームから新たに理事を選任する。
  4. 理事が正副理事長、事務局長、会計、監事に選出された場合、所属のチームから新たに理事を選任する。
  5. 副会長は学識経験者、還暦の部、古希、グランド古希の部からそれぞれ選出することが望ましい。
  6. 副理事長もまた還暦の部、古希、グランド古希の部および事務局担当ブロックからそれぞれ選出することが望ましい。
  7. 常任理事は各ブロックからブロック内理事の互選により2名選出する。常任理事が正副会長、正副理事長、事務局長、会計、監事に選出された場合、当該ブロックから新たに常任理事を選出しなければならない。この場合、前任者の所属チーム以外からとする。
  8. 上記の規定は、理事総会における表決権の平等を期するためで、表決権の総数は登録チーム数と同数でなければならない。

(解任)

第7条

規約第12条第6号の役員の解任は、本人の申告、医師または家族の意思を尊重すべきものとする。ただし、規約第8条(2),(3)に抵触した場合はこの限りではない。

(派遣理事)

第8条

関東還暦軟式野球連盟及び全日本還暦軟式野球連盟への派遣理事は、正副会長、または理事長のうち指定された人員とする。

(議事録)

第9条
  1. 議事録はそれぞれの会議終了後2週間以内に作成し、署名人の署名を終えて事務局に保管されなければならない。
  2. 議事録は閲覧の請求があれば直ちに供しなければならない。

(負担金)

第10条

登録料、参加料等の負担金については、細則として別に定める。

(主催大会)

第11条
  1. 本連盟の事業のうち主催する軟式野球大会は次の通りとする。
    1. 満60歳以上の者及び当該年度内に60歳に達する者で構成したチームを還暦の部とする。
      満70歳以上の者及び当該年度内に70歳に達する者で構成したチームを古希の部とする。
      満75歳以上の者及び当該年度内に75歳に達する者で構成したチームをグランド古希の部とする。
    2. 還暦の大会は、春季、秋季の2回開催する。
    3. 古希、グランド古希の部は通年または春季、秋季の2回リーグ戦を行う。
    4. グランド古希の部は混成チームによるリーグ戦を行なう。
  2. それぞれの大会開催要項は別に定める。

(大会参加)

第12条
  1. 大会に参加しようとするチームは、それぞれの大会組合せ抽選会までに規定の参加料を納入し、参加申込みをしなければならない。
  2. 大会参加料は、別に定める。

(級別及び成績評価基準)

第13条

各部の級別と成績評価基準は次の通りとする。

<還暦の部>
  1. 成績に応じた3部制とする。
  2. 春季、秋季各大会の成績により部門間で昇降格を行う。
  3. 新規加入のチームは第3部より参加する。
  4. 成績評価は勝ち点制による。勝利は3点、引分は1点とし勝点が同じ場合は得失点差により優劣を決定する。得失点差が同じ場合は直接対戦の勝者を上位とする。
  5. 成績順位は決勝トーナメントの成績を最優先し、次順位として予選順位を加味する。
<古希の部>
  1. (1)古希の部は還暦の部の評価基準を準用して順位を決定する。グランド古希は混成チームによる親睦試合であり、特に評価は行なわない。

(組合せ及び試合方法)

第14条
  1. 還暦の部第1部及び第2部は予選リーグと決勝トーナメントを行う。
  2. 第3部は3試合制のリーグ戦を行う。
  3. 各部の組み合わせ、試合方法は大会開催要項にゆだねる。
  4. 古希の部は第11条(3)に基づき定める。

(大会規則)

第15条

大会に関する規定は、別に定める大会開催要項及び大会運営細則によるものとする。

(附則)

この規則は、平成22年3月7日規約改訂に伴い制定施行する
この規則は、平成22年11月28日改訂施行する
この規則は、平成23年4月17日 修正施行する
この規則は、平成24年3月11日改定施行する。

神奈川県還暦軟式野球連盟(神還連・しんかんれん)とは「60、70、80、90歳で楽しい野球」をモットーに、軟式野球を通じて人生をよりアクティブに楽しんでいただきたく1995年より連盟を立ち上げ活動を続けてきております。
還暦前の方でもご興味があればお気軽にお問い合わせください。お問い合わせはこちら


ページトップへ