神還連とは

試合前提出の出場選手表の扱いについて

打順表、オーダー表、メンバー表の表現統一について

主管 大会名 記載箇所 文面
全還連 全日本大会(平23) 大会細則並びに競技に関する事項 打順表の提出時期は…(略)…前試合の5回終了時に出場予定の全選手を記入し主将が5部持参し本部に提出登録原簿と照合を受けた後、審判部員立会いの下攻守を決定する。
全日本選抜大会(平20) 大会細則並びに競技に関する事項 …前試合の5回終了時に主将がオーダー表5部を本部に提出して、登録原簿との照合を受けた後、攻守を決定する。
関還連 関東大会(平23) 大会細則 …前試合の4回終了後主将は、メンバー表5通を大会本部に提出し、資格審査を受けた後、球審立会いの下攻守を決定する。
東還連 関東還暦東京大会(平23) 大会細則 …前試合の4回終了後主将は、メンバー表4通を大会本部に提出し攻守を決定する。
神還連 神還連・リーグ戦(平23) 大会運営細則
7、チーム規律
第1試合の当該チームは試合開始30分前、その他の試合当該チームは前の試合の5回終了時に主将がメンバー表3通を提出し、攻守の決定を行う。
公認野球規則 4.00 試合の開始と終了 4.01
a)まず、ホームチームの監督が球審に2通の打順表を手渡す。
b)次に、ビジティングチームの監督が球審に2通の打順表を手渡す。
c)球審は受領した打順表の正本が副本と同一であるか照合したのち、相手チームの監督に夫々打順表の副本を手交する。球審の手元にあるものが正式の打順表となる。…以後(略)
  • ※「打順表」は先発選手の打順を記載して提出という観点から先発の名前だけの記載で可。全還連主管の全日本は、出場予定の全選手の記載を要求しているのに疑義がある。
  • ※「メンバー表」はメンバーの意味合いからも選手一覧として全員記載が妥当。
  • ※神還連の場合、表現を「打順表」とし先発の10人を記載することとし、運営細則には打順表以外の選手の出場の場合は年度ごと作成する選手名簿と照合する。が妥当と思われる。

神奈川県還暦軟式野球連盟(神還連・しんかんれん)とは「60、70、80、90歳で楽しい野球」をモットーに、軟式野球を通じて人生をよりアクティブに楽しんでいただきたく1995年より連盟を立ち上げ活動を続けてきております。
還暦前の方でもご興味があればお気軽にお問い合わせください。お問い合わせはこちら


ページトップへ