神還連とは

神奈川県還暦軟式野球連盟規約(平成30年中に見直し予定)

見直し中につき、ご参考だけに留めておいて下さい。

 

第1章 総則

(名称及び事務所)

第1条

本連盟は、神奈川県還暦軟式野球連盟(以下「本連盟」という)と称し、事務所を神奈川県内に置く。ただし、連絡事務所は事務局長宅に置くことができる。

(目的)

第2条

本連盟は、生涯にわたり軟式野球に親しむとともに、その健全な発展を図り、会員相互の親睦並びに健康・体力の維持増進に寄与することを目的とする。

(事業)

第3条

本連盟は、前条の目的を達成するため次の事業を行う。

  1. 還暦、古希及びグランド古希軟式野球の普及と発展のための活動
  2. 神奈川県還暦、古希及びグランド古希軟式野球大会の開催
  3. 関連団体主催の大会への参加
  4. 関連団体との連携と協力
  5. その他本連盟の目的達成に必要な事業

第2章 会員

(会員の資格)

第4条

本連盟の会員は、原則として神奈川県内に在住する者で構成した登録チーム及び個人で、チームの構成員は次の要件を満たすものでなければならない。

  1. 還暦の部 当該年度中に満60歳に達するか超えた者。
  2. 古希の部 当該年度中に満70歳に達するか超えた者。
  3. グランド古希の部 当該年度中に満75歳に達するか超えた者。
  4. チームに所属していない執行役員及び第6章に該当する個人。

(入退会)

第5条
  1. 会員になろうとするチーム及び個人は、所定の登録申込書または入会申込書にに必要事項を記入のうえ、会長に提出し執行役員会との情報交換を経て直次の理事総会の承認を得なければならない。
  2. 登録事項に異動が生じたときは、直ちにその旨を会長に届け出なければならない。
  3. 退会しようとするチーム及び個人会員は、所定の退会届を会長に提出しなければならない。

(登録の更新)

第6条

チーム代表者、理事及び連絡責任者等の登録更新及び新規登録をする場合は、毎年度次の期日までに済ませなければならない。

  1. 本連盟          :毎年度 前年12月  日まで
  2. 関東還暦軟式野球連盟   :毎年度当該連盟の規定に基づく
  3. 全日本還暦軟式野球連盟  :毎年度当該連盟の規定に基づく

(資格の喪失)

第7条

会員は次の場合その資格を喪失する。

  1. 第4条に定める条件を具備しなくなったとき。
  2. 退会届を提出したとき。
  3. 死亡したとき。
  4. 除名されたとき。

(賞罰)

第8条

本連盟は次のような場合、その個人またはチームに対し応分の賞罰を科すことができる。

  1. 本連盟の発展に顕著な貢献をした個人及び全国大会において優秀な成績を収めたチームを顕彰することができる。
  2. 不正登録または不正出場があった場合並びに大会において役員、審判員の裁定に従わず徒に大会の秩序を乱したときは、競技者必携に準拠し当該チームまたは構成員に応分の処置を講ずることができる。
  3. 大会以外の場でスポーツマンシップに反し連盟の名誉を毀損したり秩序を乱すなどの行為があった場合もまた同じ。

第3章 役員

(役員)

第9条

本連盟に次の役員を置く。

会 長
1名
副会長
若干名
理事長
1名
副理事長
若干名
常任理事
若干名(各ブロックより2名)
理 事
各チームから1名
事務局長
1名
会計
若干名
監 事
2名

(役員の職務)

第10条

前条の役員はそれぞれ次の職務を行う。

  1. 会長は本連盟を代表し、会務を総理する。
  2. 副会長は会長を補佐し、会長事故あるときはこれを代理する。
  3. 理事長は理事総会を代表し、会務を執行する。
  4. 副理事長は理事長を補佐し、理事長事故あるときはこれを代理する。また部会別理事会を開催するときはこれを主宰する。
  5. 常任理事は常任理事会を構成し、会務の企画立案、理事総会への提案事項の審議及び理事総会より付託された事項を執行する。 正副会長、正副理事長、会計および事務局長は常任理事に含まれる。
  6. 理事は部会別理事会及び理事総会を構成し、すべての表決権を行使する。
  7. 事務局長は事務局を統括し、すべての事務を処理する。
  8. 会計は金銭出納を処理する。
  9. 監事は本連盟の事業及び会計を監査する。

(専決権)

第11条

会長及び理事長は、緊急を要する事項で理事総会に諮る暇のないとき、これを執行することができる。但し、直次の理事総会に報告し承認を得なければならない。

(役員の選任および解任)

第12条

役員は次の方法で選任する。

  1. 正副会長、正副理事長、会計、監事は執行役員会が推挙し、理事総会が選任する。
  2. 事務局長は事務局担当ブロックが推挙し、理事総会が選任する。
  3. 常任理事は、各ブロック所属の理事の互選により選任する。
  4. 理事は各チームから1名を選任する。
  5. 理事が正副会長、正副理事長、事務局長、会計、監事に選任された場合は、その選出母体のチームから新たに理事を選任する。
  6. 役員が心身の故障のためその職務の執行が不可能と認められたときは、理事総会の議を経て当該役職を解任することができる。

(役員の任期)

第13条
  1. 役員の任期は2年とし、年度当初の理事総会で選任する。ただし、再任を妨げない。
  2. 2 補欠または増員による役員の任期は、前任者の残任期間とする。

第4章会議

(会議)

第14条
  1. 本連盟の会議は、ブロック会議、部会別理事会(還暦、古希の部)、執行役員会、常任理事会および理事総会とする。
  2. 会議はそれぞれ構成員の2分の1以上の出席を必要とする。
  3. 理事が止むを得ず各理事会を欠席する場合は、所属チームからその代理人を出席させるか、他の理事に委任し、表決権を行使することができる。委任は出席とみなすが書面をもってしなければならない。
  4. 議事は表決権者の過半数を以って決し、可否同数の場合は議長が決する。ただし、委任は出席と見做す。
  5. 常任理事がやむを得ず常任理事会を欠席する場合は、ブロック内の他の常任理事に委任することができる。この場合書面を以ってしなければならない。
  6. 還暦の部、古希の部ともに部会別理事会を開催することができる。

(理事総会、常任理事会及びその他の会議)

第15条
  1. 定例理事総会は年間2回、常任理事会は必要の都度理事長が招集し開催する。
  2. 定例理事総会のほか理事長が必要と認めたとき、または理事総数の3分の1以上が要求したときは1ヶ月以内に臨時理事総会を開催しなければならない。
  3. 理事総会の議長は出席理事の中から選出する。
  4. 常任理事会の議長は理事長がこれに当たる。
  5. 執行役員会、部会別理事会、ブロック会議は必要の都度開催する。

(理事総会の機能)

第16条

理事総会は次の事項を審議議決する。

  1. 事業報告及び事業計画
  2. 予算及び決算
  3. 規約規定の制定及び改廃
  4. 役員の選任
  5. その他、本連盟の運営上必要な重要事項

(常任理事会の機能)

第17条

常任理事会は次の事項を処理する。

  1. 本連盟の事業推進並びに事業運営についての企画、立案
  2. 理事総会に提案する事項の審議
  3. 理事総会での決定事項及び理事総会より付託された事項の執行

(執行役員会の機能)

第18条

執行役員会は、正副会長、正副理事長、会計および事務局長で構成し、事業の円滑かつ迅速な運営のため常任理事会への諸提案及び執行の責めに任ずる。

(ブロック会議の機能)

第19条

ブロック会議は次の事項を処理する。

  1. 常任理事の選出
  2. ブロック内の意見の集約及び常任理事会への提言
  3. その他理事総会、常任理事会より付託された事項の実施及び協議

(部会別理事会の機能)

第20条

部会別理事会は部会担当副会長が統括し次の事項を処理する。

  1. 還暦の部、古希・グランド古希の部それぞれの大会運営に関する具体的作業及び大会開催地ブロックとの協力。
  2. 部会内の意見の集約および常任理事会への提言。

(議事録)

第21条
  1. それぞれの会議の議事については、次の事項を記載した議事録を作成しなければならない。
    1. 日時及び場所
    2. 出席者数及び出席者氏名(書面表決者はその旨を付記する)
    3. 審議または協議事項
    4. 議事の経過の概要と結果
    5. 議事録署名人に関する事項
  2. 議事録には、議長及びその会議において選任された議事録署名人2名以上が署名しなければならない。

第5章 会計

(経費)

第22条
  1. 本連盟の経費は、次に掲げるものを以って支弁する。
    1. 登録料毎年度の登録料
    2. 参加料本連盟の大会参加料
    3. 会費個人会員の会費、理事会費、懇親会費、互助会費など
    4. 寄付金
    5. 補助助成金
    6. その他の収入
  2. 一旦納入された登録料、参加料その他の金員は理由の如何を問わず返戻しない。

(会計年度)

第23条

本連盟の会計年度は、1月1日に始まり同年12月31日に終わる。

(予算及び決算)

第24条
  1. 予算は毎年度当初に理事総会の承認を得なければならない。
  2. 前年度決算は毎年度当初に監事の意見書を付して、理事総会の承認を得なければならない。

第6章 特別顧問、顧問、参与および相談役相談役

(特別顧問、顧問、参与および相談役)

第25条
  1. 本連盟に、特別顧問、顧問、参与および相談役を置くことができる。特別顧問、顧問、参与および相談役は、理事総会の議を経て会長が委嘱する。
  2. 特別顧問、顧問、参与および相談役は、本連盟の重要事項について執行役員会の諮問に応ずる。
  3. 特別顧問はその技術、学識、経験などが本連盟の運営に必須とされる者、顧問、参与および相談役は本連盟の役員として顕著な功績があった退任者の中から選任する。

第7章 事務局

(事務局)

第26条
  1. 本連盟の事務を処理するため事務局を置く。事務局に事務局長1名、会計を含む事務局員若干名を置く。
  2. 事務局員は事務局長が任命し、理事総会の承認を得たうえ、事務局長を補佐する。
  3. 本連盟の事務局は、ブロックが輪番制で担当する。任期は2年間とする。

第8章 規約の改廃

(規約の改廃)

第27条
  1. 本規約は、理事総会の議を経て改廃することができる。
  2. 本規約の改廃は理事総会において表決権者の3分の2以上の同意を必要とする。

第9章 補則

(施行規則)

第28条

本規約の施行規則並びに細則は常任理事会の議を経て別に定める。

附則
  1. 本規約は、平成7年3月24日制定施行する。
  2. 本規約は、平成10年8月22日、第4条、第6条、第9条、第12条、第15条について改訂施行する。
  3. 本規約は、平成11年7月24日、第1条、第6条、第12条、第15条、について改正、第17条、附則第2項、第3項を削除し施行する。
  4. 本規約は、平成22年3月7日、改訂施行する。
  5. 本規約は、平成22年11月28日、改訂施行する。
  6. 本規約は、平成24年3月11日、改定施行する。

神奈川県還暦軟式野球連盟(神還連・しんかんれん)とは「60、70、80、90歳で楽しい野球」をモットーに、軟式野球を通じて人生をよりアクティブに楽しんでいただきたく1995年より連盟を立ち上げ活動を続けてきております。
還暦前の方でもご興味があればお気軽にお問い合わせください。お問い合わせはこちら


ページトップへ